生理痛の東洋医学的
養生法-激痛カリカリ
タイプ

このタイプは気血のルートが詰まり、身体機能が異常亢進を起こしやすくなります。異常亢進は無理に力を出している状態であり、ちょうど自動車が無理にスピードを出して車体が震えるのと同じです。もちろん、身体によくありません 。


T月経

U性格など

V生理痛 養生法


T月経

○かたまりが出ると生理痛が楽になる→便秘と同じ原理です
○生理不順である→異常亢進しているときは早く来るし、逆に詰まって出てこないときは、遅くなります。


U性格など

○生理の前後に腰(特に外側)や太もも外側が張って痛い→肝経の気血のルートが詰まると現れます
○早口でしゃべることがある
→身体の機能が亢進しているからです。異常亢進も機能減退もどちらもよくありません
○相手が話し終わる前に話し始めたい→これも上記と同じ理由です
○自己主張ができる→生命力がシッカリしています
○神経が高ぶりやすい→神経の異常亢進です。生理前には世の中の全てがイヤになる、など
○なかなか寝付けない→上記と同様の理由です。特に生理前など
○胃部に圧迫感.胸や脇が張る.深呼吸しにくい→気の流れが滞るために、胃を圧迫します。同時に肝経の気血のルートである胸や脇に異常があらわれます
○カラオケで歌うとスッキリ→身体内にうっ積した気が発散されるからです
○入浴後スッキリ→お風呂に入ると気が動くために、楽になります
○曲がったことが許せない→性格的に頑固になります
○悔し泣きをする→感情の高ぶりです。特に生理前など。
○舌の両側や先端が赤い。その部分の面積が大きい→舌の両側や先端は、気が詰まっていることをあらわします


V生理痛 養生法

○足を使った運動をする。ウォーキングやスポーツクラブなど→詰まった気を動かすためには運動は欠かせません
○コーヒー.お茶はほどほどに→飲んだ瞬間はスッキリしますが、その後、余計にピリピリしてマイナスです。これらは神経を一層亢進させます
○アルコールもほどほどに→このタイプは肝に負担がかかるため、ほどほどにしてください
○肉食過多に注意
→直前1週間の食事内容が、特に生理痛に影響します。生理前の易怒などによくありません。

生理痛の東洋医学的養生法TOPへ

Copyright(C)2007-2018  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)    リンク:女性特有 イライラタイプ