T《月経前半に現れる生理痛》



月経の前あるいは月経期間の前半にみられる生理痛は、アマリモノが胞宮(子宮)で経血の下流を阻滞し、「不通則痛」の理屈で発症することが多く、一般に痛みは激しいことが多くみられます。

(@肝鬱気滞)

激痛カリカリ型が多い



月経の前または初日〜2日目くらいに張った痛みが生じる、両側の下腹部痛、胸脇痛、頭痛、周期・持続日数・経血量が不安、月経数日前より、いらいら、易怒、憂鬱、ヒステリー、乳房が張って痛む、胸苦しい、腹満など
精神的ストレス・情緒の抑うつ・緊張・怒りなどにより、肝気が鬱結し、疎泄が滞るために胞宮での経血が停滞して痛みが生じる病態で、通常は月経前症候群とよばれる症状を伴います。
症状
月経前あるいは初日〜2日目くらいに張った痛みが生じ、両側の下腹部痛が多く、甚しければ胸脇痛や頭痛を伴い、月経周期・月経の持続日数・月経血量などが一定しないこともよくあります。
月経の数日以内から、イライラ・易怒・憂鬱・ヒステリー的反応・乳房が張って痛む・胸苦しい・腹満などの月経前症候群があることが多く、月経の発来とともに消失します。
緩和する方法
肝気を伸び伸びとさせることにより、精神状態を伸びやかにし、機能を円滑にすることが大切。経血の停滞を除いて痛みを止める(疎肝理気・止痛)を行います。

(A寒凝)

冷え性タイプが多い


月経前または開始時から下腹部の冷えと激しい痛み、経血が暗紅でカタマリが混じる、周期の延長・四肢の冷えなど。
寒冷の環境や季節によって寒邪を感受し、凍結の性質をもつ寒邪が胞宮に侵入して経血を凝滞させるために、痛みが生じる病態です。虚寒を呈する陽虚体質のケースでは、容易に寒邪を感受して寒凝を引き起こします。
症状
月経前あるいは月経の開始時から下腹部の冷えと激しい痛みが生じ、経血が暗紅でカタマリが混じることが多く、月経周期の延長・四肢の冷え・舌質が紫藍色・脈の緊張などを伴います。
緩和する方法
体内を温め血行を促進し、経血の凝滞を除く(温経散寒)を行います。

(B湿熱)

吐き気タイプが多い


月経前または月経期に下腹部の灼熱性の痛み、経血が粘ちょうで悪臭、周期の短縮・黄色で悪臭のある帯下・陰部の掻痒など。
月経時の性交や不潔な性交による陰道からの湿熱の侵入、辛辣なもの・味の濃いもの・酒などの嗜好品によって内生した脾胃湿熱の下注などの原因で、湿熱が胞宮に停滞して経血を阻滞するために、痛みが生じる病態です。
症状
月経前あるいは月経期に下腹部の灼熱性の痛みが生じ、経血が粘ちょうで悪臭があり、月経周期の短縮・黄色く悪臭のある帯下・陰部の掻痒・黄色くベットリした舌苔などがみられます。
緩和する方法
熱を冷まし、湿を通利させ、湿熱によるアマリモノを除去します(清熱利湿)。

(C血お)

激痛カリカリ型または冷え性タイプが多い


初日から強い下腹部痛、経血の排出が悪い、経血が暗紫色で塊が混じる、血塊が大量に排出後痛みが軽減など。
肝鬱気滞による血行の停滞、寒凝による血流の凝滞、湿熱による血流の渋滞、陽気不足による推動無力、肝腎の精血不足による血液濃縮に伴う渋滞といった多くの原因で、血行阻滞や渋滞である血おが生じ、経血の下注を停滞させるために痛みが生じる病態です。
症状
月経の初日から強い下腹部痛があり、経血の排出が悪く、経血が暗紫色で塊が混じることが多く、時にはレバー状を呈し、血塊が大量に排出した後に痛みが軽減し、舌が暗紫あるいはお点やお斑が多くなります。
緩和する方法
血行を促し、うっ血を軽減し老廃物を除き、経血の下注を円滑にして痛みを止める(活血化お)を行います。

生理痛の東洋医学的養生法TOPへ

Copyright(C)2007-2018  Nagashima Acupuncture Moxibustion Room(Tsutomu Nagashima)